2008年6月29日日曜日

ブーゲンビリア

ブーゲンビリア。

好きな花。

子供の頃に馴染みのない品種ほど、惹かれやすいのかも?と最近特に感じます。

初めて見たのは、今から10年ほど前かな?

初めて沖縄に行ったときです。

公園なんかにも大きな樹がありました。

ハイビスカスなんかもそうですが、暖かさを肌でだけでなく、

視覚からも感じられる象徴かと。



何年か前から近所の花屋やホームセンターなんかでも

見るようになったんですが、気候の問題もあり、大阪や東京で、

マンションで、植木鉢で、という悪条件の中で冬越しできるのかと思っていました。

しかし、地植えでは地元住之江にも3箇所ほど、まあまあ大きく育ってるのを見つけております。


この写真は西加賀屋公園です。

なかなかいいかんじでしょ?

どこからが花なのかわかりづらいブーゲンビリア。

高い目線のところにいる花は紫外線を通して少し透けて見える。



大阪でも南国の花が屋外で育つようになる。

地球温暖化か?

ただ単に地植え(大地の力は想像を超えるほど強い)だから可能なのか?

美しい色は危険色なのか?


話せるものなら本人と話してみたくなります。

2 件のコメント:

高燃 さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
UJ さんのコメント...

thank you my friend.

I must read your blog,too.